40代の転職

40代だからといってマイナス面ばかりを考えることはやめましょう。そのような気持ちでいては、転職など最初から無理なのです。

サイトトップ >

スポンサードリンク

40代の転職

40代の転職事情


長い間派遣社員として仕事をしてきたのに、不況になってあっさりと派遣切りに合ってしまったという人は多いかもしれません。

30代であればまだ、別の土地でのやり直しという選択肢もあるかもしれません。しかし、40代となると状況は変わってきます。

40代であれば家族があり、子供を養っているというのが一般的でしょう。今更、転勤など考えたくないということもあるでしょう。

また、どんなところでもいいからとりあえず働こうとすると、若い人たちが多いような職場で同じ給料で働くということになってしまい、屈辱感を持つことにもなりかねません。

40代だからといってマイナス面ばかりを考えることはやめましょう。そのような気持ちでいては、転職など最初から無理なのです。前の会社に未練を持ってはいけません。

「自分をあっさりと捨てるような企業などこちらから願い下げだ」といった気持で求職活動に取り組みましょう。

そのためには、まず自分の長所を列挙してみましょう。40代まで仕事をやってきたのですから、若者にできないようなことがたくさんあるのではないでしょうか。

仕事の経験ということだけではなく、人生における経験というものも仕事に活かせるはずなのです。

世間一般の「転職は30代まで」といった風潮に流されてはいけません。あなたのことを本当にわかってくれる企業が現れるまで、努力を惜しまないようにしましょう。あなたのその姿が人事担当者には頼もしく見えてくることでしょう。

40代の転職

MENU



スポンサードリンク